回復期リハビリテーション病棟とは

「大きな病気や怪我を発症すると病院に入院して急性期の治療を開始します。そして全身状態が安定すると退院をすすめられます。しかし、まだ麻痺などの障害が残っており、日常生活をこなすことが困難な場合が少なくありません。そのため医療機関がそれぞれの役割を専門ごとに分担して受け持つよう、平成12年に回復期リハビリテーション病棟が誕生しました。
病気や怪我の種類は違っていても、自然回復や集中的なリハビリテーションにより身体の機能や日常生活動作(ADL)の改善が見込まれる時期を「回復期」という言葉で表しています。
回復期リハビリテーション病棟パンフレット
パンフレット
(PDF:1.2MB)

回復期リハビリテーション病棟の役割

一般病棟のリハビリテーションでは実施することが難しい、実生活に即したリハビリテーションを行うことにより、家庭生活復帰や社会復帰の促進を図っています。

当院では回復期対象の患者様に対して、リハビリテーションプログラムを医師、看護師、理学療法士、作業療法士など多くの医療専門職が共同して作成し、それに基づいたリハビリテーションを提供することで患者様の歩く、食べる、着替える、トイレに行く、お風呂に入るなどの日常生活動作を上げ、早期復帰を支援します。

回復期リハビリテーション病棟の対象患者

大きな病気や怪我を発症し、全身状態はひとまず安定したがまだ麻痺などの症状が残っている場合、こうした症状はすぐには固定せず、その後も引き続き機能の回復が期待できる期間が続きます。この期間は病気の種類や発症した場所、発症してからの期間などに左右されるため、回復期リハビリテーション病棟では入院できる患者様の病名、発症してからの期間が決められています。
対象疾患 発症からの入院 入院期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後もしくは手術後、又は義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
2 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷 2ヶ月以内 180日
3 多肢の骨折、大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折 2ヶ月以内 90日
4 外科手術又は肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後 2ヶ月以内 90日
5 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後 1ヶ月以内 60日
6 股関節又は膝関節の置換術後の状態 1ヶ月以内 90日

入院までの流れ

1.入院申込

ご入院中の連携担当の方より診療情報提供書、発病当初のフィルム、ADL評価表をFAXの上、ソーシャルワーカーへ電話にて連絡してください。

<TEL:0250-43-8444><FAX:0250-43-8456>

当院の回復期リハビリテーション病棟入院審査用紙は
こちらからダウンロード(Excel版)できます。

当院にご入院いただけるか検討させていただきます。検討後はお申し込みいただいた医療機関にお返事いたします。

2.入院日決定のご案内

入院日が決定次第、日時を連携担当の方へお知らせします。
入院前日には当院のソーシャルワーカーから入院中の病棟へ状態を確認するお電話を入れさせていただき、入院体制を整えてお待ちいたします。