遠藤あゆみさんインタビュー

現在の仕事内容

病棟管理業務を行いながら、患者さんとご家族の苦痛がどうしたら緩和できるのかを、スタッフみんなで考えケアを行っています。患者さんが話してくださる体や心の痛みを理解したいという思いで受け止め、それがきちんと緩和ケアに結びつくよう、医療チームで協力しています。また、院内外で講師を担当し、がん緩和ケアの啓発を行っています。






真仁会を選んだきっかけ

真仁会には6名の認定看護師が在籍し、質の高いケアを提供しています。認定看護師の活動に理解があること、専門分野を生かした看護ができることが、真仁会を選ぶきっかけとなりました。大きな組織ではないですが、その分一人ひとりの看護師に目が行き届くことも、魅力の1つです。

資格取得を目指したきっかけ

経験だけでなく根拠から導き出されたケアを提供することで、患者さんやご家族の苦痛を緩和できるのではないかと考え、資格取得を目指しました。

資格取得に際して、大変だったこと

6ヶ月間の研修中は、授業のほかに毎日4〜6時間勉強しました。6ヶ月間、勉強ばかりだったので、ストレスを溜めないように気をつけました。

資格取得前と後で一番変わったと思うこと、良かったこと

自信をもって患者さんと接することができるようになりました。患者さんが楽しいこと、辛いことなどたくさんの話をしてくださることが、看護のやりがいにつながっています。また、患者さんの苦痛が 軽減したときに、改めて知識や技術の重要性を感じます。

将来のキャリアプラン、目標

昨年、大学院を卒業しました。これまでの臨床経験や新しい知見を、成果として発表していきたいと考えています。

専門・認定看護師を目指されている皆さんへメッセージ

専門性の高い看護を行うのには、知識や技術が必要です。専門・認定看護師が病棟にいることで、その病棟の看護ケアの質が高まると実感しています。学び続けることは本当に楽しく幸せなことです。ぜひ皆さんの夢をかなえ、私たちと一緒に一歩進んだ看護ケアを提供しましょう。







小池宜子さんインタビュー

現在の仕事内容

看護部長室付け教育担当看護師長として、真仁会の教育全般に携わっています。2007年から開催している緩和ケア研修は大変好評で、今まで約300名が受講しました。また看護学生への講義や実習指導,一般市民(僧侶,檀家の方々,中学生など)への啓蒙,2017年度から始まる新潟県看護協会 緩和ケア認定看護師教育課程の委員として活動しています。






真仁会を選んだきっかけ

真仁会は、人間不信に陥った私を「無理しないで。そのままゆらゆら揺れていていいのだよ」とそっと見守ってくれました。そして私が一番つらい時に手を差し伸べて、もう一度看護師として働く場を提供してくれました。

資格取得を目指したきっかけ

業務命令で移動した緩和ケア病棟で、何もできない自分に気づき研修に行ったことがきっかけです。Doingではなく beingを学び、心に火が点きました。

資格取得前と後で一番変わったと思うこと、良かったこと

看護師という職業がますます大好きになりました。また、あの人が生きたかった今日という日を、私は感謝して生きようと思うようになりました。

将来のキャリアプラン、目標

吉澤看護部長に「小池いいかげん辞めてくれない?」と言われるまで働き続けたいと思っています。

専門・認定看護師を目指されている皆さんへメッセージ

チャンスの神様は前髪しかありません。おまけに俊足。ボルトより早いかもしれません。私なんか・・・なんて悩んでいるうちにサっと通り過ぎてしまいますよ。







高橋裕子さんインタビュー

現在の仕事内容

緩和ケア病棟でスタッフナースとして働いています。院内褥瘡・NSTメンバーとして活動しています。県看護協会の研修や病院・施設での講師をさせて頂いています。県内外の摂食嚥下にかかわる研修・イベントのお手伝いをし、摂食嚥下に関する情報の発信をしています。







資格取得を目指したきっかけ

前の職場での神経難病患者との出会いがきっかけです。基幹病院で神経難病と診断されて、後方病院に送られて来た患者さんでした。胃瘻造設され経管栄養による栄養管理をされていました。しかし、お話も上手で「食べたい」思いのある方でした。STと連携し訓練を開始、すぐに経口摂取を再開することができ、最終的には3食を口から食べることができるようになりました。その時の自己学習による摂食嚥下に対する興味と、「食べたい」思っている患者さんの助けになりたいと思い、資格取得を目指しました。

資格取得に際して、大変だったこと

家のことは、家族の協力もあり心配なかったですし、必要な経費も病院が出してくれましたのでお金の心配もありませんでした。講義・実習も志を一つにした同期のメンバーと楽しくできました。でも一つ…、茨城で東日本大震災に遭いました。電気・水道のない生活。余震におびえながらのラスト2週間でした。卒業試験は一度落ちました。でも、再試で合格。東京での認定審査も、地震の影響で会場が変更になるなどしましたが、無事合格することができました。

資格取得前と後で一番変わったと思うこと、良かったこと

一番変わったことは、特に思いつきませんが、人様の前で講義するなんて、認定看護師にならなければできなかったことだと思います。よかったことは、全国にお友達ができたことです。6か月間一緒に学び、同じ目的に向かって進んだ仲間は強い友情に結ばれています。今でも学会などで顔を合わせ、楽しいひと時を過ごしています。大切な友達です。

将来のキャリアプラン、目標

ひとまず1回目の更新が済んだので、次回更新目指します。私はまだ真仁会に移ってきたばかりなので、真仁会に根を張って院内での信頼を得るために努力しようと思っています。

専門・認定看護師を目指されている皆さんへメッセージ

ちょっとでも関心・興味があるなら前へ進むべきだと思います。進むことで解決することもあります。根っからのポジティブな性格なので皆さんに当てはまるかどうかわかりませんが、お金なんか、家のことなんか何とかなります。自分の気持ち次第で先は開けます。皆さん頑張ってください。







笠原純子さんインタビュー

現在の仕事内容

主に週一回程度に認定の時間をもらい、相談を受けた摂食嚥下障害の患者をSTと共に評価や訓練を行い、口腔ケアの困難患者様の評価、ケア方法を看護師に提供しています。
また、院外・院内の講義依頼で講師を行っています。








資格取得を目指したきっかけ

呼吸器患者を看護しているときに口腔ケアを行うことで誤嚥性肺炎が予防できることを知り、その口腔ケアが間接訓練となり、経口摂取ができると言うことを学んでいました。患者様から口から食べたいと言われても医師の指示がなく、食べさせられなかったことがありましたが、なぜ食べられないのか、どうしたら食べられるのかを考えているとき、認定看護師に摂食嚥下障害看護の分野ができたことを知ったので、エビデンスをもって患者様に経口摂取が可能になると思い、資格取得を目指しました。

資格取得に際して、大変だったこと

看護協会の認定試験を受ける前に6ヶ月に研修があることです。研修は講義と実習があり、講義は専門的なものが多く私は理解するのに時間がかかるため、大変でした。実習は看護学生以来で毎日がドキドキしながら病院に通い、実習記録が追いつかなかったことが思い出されます。
大変なこともたくさんありましたが全国に仲間ができました。なかなか連絡はできませんが、会えば笑顔で今の苦労話をする、生涯の仲間です。

資格取得前と後で一番変わったと思うこと、良かったこと

他職種と相談して患者様に関わるようになりました。少量しか食べられなくても、食べられて良かったと患者様や家族から笑顔で言われたときは、とっても良かったと感じます。でも、食べられないという選択も必要であることも分かりました。また、看護師だけでなく他職種との関わりが難しく自分の意見だけでは突き進めないことを実感しています。

将来のキャリアプラン、目標

一人でも多くの食べたいを支えたいと思っています。自分だけでは無理なので、他職種ともっともっと関われるような活動を考えています。在宅の患者での摂食嚥下障害を早く発見できるようなシステムができることと、外来で相談や訪問ができると良いと感じています。

専門・認定看護師を目指されている皆さんへメッセージ

研修は辛いこともありますが、良い研修になると思います。専門・認定看護師と専門をきわめて、真仁会を支えていけるようにがんばってください。







荒木彩子さんインタビュー

現在の仕事内容

月・金曜は、内分泌外来の診察介助、診察前の待ち時間に、生活全般の聞き取りや、糖尿病や合併症など自分の体についてどのように理解されているかを確認したり、インスリン注射の手技の確認などを行っています。
火・水・木曜は、透析室で新人看護師として、看護師、臨床工学技師のプリセプターさんに教えてもらいながら透析業務の介助を行っています。






真仁会を選んだきっかけ

私自身、認定看護師の資格を取得したので、少し長く働けるような病院がいいなと思っていたところ、南部郷病院は働きやすい病院を目指されていることをHPで知り、選びました。

資格取得を目指したきっかけ

はじめは、患者会で出会った患者さんの「認定看護師になれば〜?」何気ない一言でしたが・・・。 患者さんの生活には、教科書には書いていないことのほうが多く、話を聞けば聞くほど治療に対する困難さを知りました。それでも患者さんが持っている力を信じて寄り添うこと、一緒にできることを考えることは楽しい時間でもありました。いろいろな患者さんと関わるにつれ、自分も糖尿病に関わる看護師としてもっとスキルアップしたいという思いや、県内の糖尿病看護認定看護師が開催している勉強会に出ることで、自分の看護に背中を押してもらうことがあり、自分も認定看護師を目指したいと思うようになりました。

資格取得に際して、大変だったこと

授業ではグループワークが多く、同じ資格を目指す仲間でも一人ひとりの考え方や価値観は違うので、意見をすり合わせ、納得しながら課題をこなしていくことが大変でした。
それと、在学中は多重課題になるので、ストレス発散法は重要項目です。私は福岡県立大学に8カ月通っていましたが、新潟から車を持っていきませんでした。そのため、気分転換のためのドライブができませんでした。(いつもクラスメイトの車に便乗していましたが。)

資格取得前と後で一番変わったと思うこと、良かったこと

今はまだ患者さんやスタッフの皆さんとコミュニケーションをとりながら、療養支援を継続することで精いっぱいですが、療養支援の実践や評価をしながら、自己研鑽をしていきたいと思います。
今後は糖尿病教室やフットケアのシステム構築をしていくことができればと思います。いまはまだ院内に糖尿病チームがないので、コメディカルによる糖尿病チームを作っていく予定です。そのために糖尿病看護に興味のある看護師、糖尿病看護が好きな看護師を増やしていくことができるよう、勉強会の企画ができたらいいなと思います。

将来のキャリアプラン、目標

決して楽な道のりではありませんが、認定看護師は好きな分野の看護が、もっと好きになれる、そんな資格だと思います。糖尿病看護に興味がある、糖尿病看護認定看護師を目指している方、ぜひ一緒に頑張りましょう。

専門・認定看護師を目指されている皆さんへメッセージ

ちょっとでも関心・興味があるなら前へ進むべきだと思います。進むことで解決することもあります。根っからのポジティブな性格なので皆さんに当てはまるかどうかわかりませんが、お金なんか、家のことなんか何とかなります。自分の気持ち次第で先は開けます。皆さん頑張ってください。







深井里美さんインタビュー

現在の仕事内容

外来・手術室の看護師長の傍ら、病棟・外来のストーマ、褥瘡、スキンケアの実践やアドバイスを行っています。
また、褥瘡委員会に所属し、3病院を横断的に活動しています。さらに、ストーマケアを中心に看護外来を行っています。









資格取得を目指したきっかけ

新卒の頃に出会ったETナースの印象が強烈で(笑)
ストーマケアがどうしてもうまくいかない患者さんがいて、先輩NSといろいろな方法を試してもやっぱりうまくいかなくて、そんなときにETナースに相談してあっという間に解決した症例を経験しました。今思うと本当に単純なケアの方法だったのですが、その知識が無いためにケアがうまくいかず患者さんにも苦痛を与えていたということがあり、自分の知識や技術で患者さんが良くなったり悪くなったりするんだと実感するのと同時に、同じ看護師なのに、外科病棟に勤務しているのにストーマのケアが出来なくていいのか???と自分を問うきっかけになりました。しかし、その時には家から通える距離に研修校が無く、結婚や出産などライフイベントもあり、資格を取るなんてことはしばらく忘れていました。しかし、新潟青陵大学に研修校が開校すると聞き、家からも通えて良い機会だと思い受験しました。

資格取得に際して、大変だったこと

研修校では久しぶりの座学で1日中、座って講義を受けることも、各講義ごとに提出する課題レポートも大変でした。PCに向かってレポートを書きながら気が付いたら朝になっていることもたびたびあり、座ったまま寝る技を身につけました。購入する参考書も膨大な冊数で金銭的にも大変でしたが、病院からの援助があったので少し助かりました。子供が5歳・2歳の時の受験だったので、家族の協力なしには通えなかったと思います。

資格取得前と後で一番変わったと思うこと、良かったこと

研修会の講師や、実戦でのアドバイスなど看護師や介護士に教える機会が大幅に増えました。
また、学会の参加など新しい知識を得るために自分で起こす行動が増えました。

将来のキャリアプラン、目標

目標は、忙しくても楽しそうに仕事をしている人です。

専門・認定看護師を目指されている皆さんへメッセージ

受験してしまえば、あとは卒業するだけ。目指していることを声に出す。声に出しているうちにそれが現実になるので取り敢えず資格取得を目指していることを周りの人に言ってみよう!! あとはどうにかなるはずです。