概要

開設日平成8年2月
ベッド数39床
患者数約80名
スタッフ 腎臓内科医師 1名
看護師 8名
臨床工学技士 7名
看護助手 2名
栄養士(兼務) 1名
医療事務(兼務) 1名
(平成28年1月現在)

当院では主に血液透析療法を提供しています。 腎機能が低下した患者様の血液を、機械を用いてきれいにする方法の一つです。 通常一週間に3回、一回あたり4〜5時間程度の治療が必要です。 当院では昼間の他に夜間も透析を実施しており昼間に透析を受けられない方への配慮をしております。
透析室では医師、看護師をはじめとする専門スタッフが患者様の体調管理を行うことで、 安心して日常の生活をお過ごしいただけます。

診療案内

治療スケジュール


  入室 治療開始
昼間 09:00-09:30-
夜間 16:45-17:00-    
維持透析の場合、1週間に3回、隔日で実施される方が多いです。


治療するにあたり持参するもの


  1. ティッシュペーパー
  2. タオル2枚(1枚は枕に敷いていただきます)
  3. バスタオル
  4. スリッパまたはサンダル(透析室に入るときに必要です)
  5. パジャマ(病衣を希望する方は、お申し出ください)


透析の方が利用できる制度


  1. 自立度支援医療受給者証(更生医療)
  2. 国民健康保険特定疾病療養受療証


はじめてご利用する方へ


  1. 現在、他施設で透析治療をお受けになっている方
    転院を希望する場合は、主治医と相談の上、紹介状を持参し、当院へお電話ください。
  2. 見学ご希望の方
    ご案内及びご説明申し上げますので、当院受付に申し出ください。


研修活動・業績

研修会・学会などの参加


  • 日本透析医学会
  • 新潟透析懇話会
  • フットケア学会
  • 腎不全看護学会
  • 透析従事者研修
  • 透析コンソールメンテナンス研修
  • 透析認定看護師


学会発表


  • 第62回日本透析医学会学術集会・総会(2017年6月)
    透析掻痒症対策プロトコルを用いた当院の取り組み
                                             石川 裕之 (臨床工学技士)
  • 第62回日本透析医学会学術集会・総会(2017年6月)
    当院におけるキドライムT30からキンダリー透析液4Eへの変更の使用経験
                                             石川 裕之 (臨床工学技士)
  • 第62回日本透析医学会学術集会・総会(2017年6月)
    エムラクリームの有用性について
                                             桐生 明奈 (臨床工学技士)
  • 第59回新潟透析医学会学術集会(2017年4月)
    透析掻痒症対策プロトコルを用いた当院の取り組み
                                             石川 裕之 (臨床工学技士)
  • 第59回新潟透析医学会学術集会(2017年4月)
    事前指示書導入を視野に入れた透析医療チームの意識調査
                                             伊藤 幸恵 (看護師)
  • 第43回東北腎不全研究大会(2016年8月)
    透析掻痒症に対するオンラインHDFの長期的評価
                                             石川 裕之 (臨床工学技士)
  • 第61回日本透析医学会学術集会・総会(2016年6月)
    透析掻痒症に対するHDF療法及びナルフラフィン塩酸塩の長期的評価
                                             桐生 明奈 (臨床工学技士)
  • 第60回日本透析医学会学術集会・総会(2015年6月)
    PS膜からPMMA膜(NF-H)への変更による観察
                                             石川 裕之 (臨床工学技士)
  • 第59回日本透析医学会学術集会・総会(2014年6月)
    透析掻痒症に対するHDF療法及びナルフラフィン塩酸塩の有効性の検討
                                             石川 裕之 (臨床工学技士)
  • 第4回甲信越臨床工学技士会学術大会(2013年9月)
    過酢酸系除菌洗浄剤ステラケアの希釈倍率による比較検討
                                             早見 聡 (臨床工学技士)
  • 第58回日本透析医学会学術集会・総会(2013年6月)
    血液透析患者におけるDPPVI阻害薬の血糖調節効果の検討
                                             佐藤 隆之 (南部郷厚生病院)
                                             細島 康宏 (新潟大学自然科学系農学部)
                                             飯野 則昭 (新潟大学医歯学総合病院
                                                      血液浄化療法部(第2内科))
  • 第55回新潟透析懇話会学術集会(2013年4月)
    過酢酸系洗浄「ステラケア」の使用評価
                                             磴 友美  (臨床工学技士)
  • 第56回日本透析医学会学術集会(2011年6月)
    透析室拡張工事に伴う透析液清浄化の実現に向けた試み 〜第一報〜
                                             石川 裕之 (臨床工学技士)
  • 第51回新潟透析懇話会学術集会(2009年4月)
    PTA施行症例における東レ・メディカル社製TR-3000S測定血流量の使用経験
                                             佐藤 隆之 (医師)
  • 第50回新潟透析懇話会学術集会(2008年4月)
    高精度体成分分析装置InbodyS20のDW設定における有用性の検討
                                             平賀 優  (臨床工学技士)
  • 第49回新潟透析懇話会学術集会(2007年4月)
    皮膚潅流圧測定で人工炭酸足温剤の使用効果を検証
                                             雪 正子  (看護師)
  • 第50回日本透析医学会学術集会(2005年6月)
    透析患者におけるASOに対するLDL-A治療効果に関する研究
                                             佐藤 隆之 (医師)

※学会への参加や資格取得の支援も行っております。