病院概要

病院全景
所在地〒959-1707
新潟県五泉市村松1404番地1
 0250-58-6118
開設昭和55年10月13日
敷地面積13,682平方メートル
建設面積4,534平方メートル
延床面積11,676平方メートル
診療科目
  • 消化器内科
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
  • 外科
  • 胸部外科
     
  • 内分泌・代謝内科
  • 眼科
  • 小児科
病床数 5病棟 199床
2F27床 (一般病床)
3F南43床 (一般病床)
3F西44床 (一般病床)
4F南41床 (一般病床)
4F西44床 (療養型病床)
認定施設等
  • 日本呼吸器学会専門医制度認定施設
  • 呼吸器認定医研修施設
  • 日本外科学会専門医制度関連施設
  • 指定自立支援医療機関

院長ご挨拶

病院全景

当院は「すべては患者さんのために」という理念のもと、医療の質の向上と病院サービスに力を注いできました。開設以来36年と歴史はまだまだ浅いのですが、五泉・村松地域の医療・介護の要としてさまざまな活動を行ってきました。医師数が少なく限界はあったものの、2次救急を含む急性期医療を住民の皆さんに提供し、患者を第一とした信頼される医療を心がけてきました。これからも急性期医療から回復期医療および療養まで、この地域内で医療行為が完結すべく、中心病院として皆さんの信頼に応えていきます。周辺地域の医療施設・福祉施設とも連携し、義理人情に厚い新潟県民の特徴をいかし、誠心誠意、何事にも心をこめて住民の皆さんの要求に柔軟に、迅速に対応していきます。
 「Noと言わない病院」を目指して、「公の一端を担う民間病院」として、進化し続ける医療機関であり続けます。がん医療と高齢者医療を2大テーマとして 辛抱強く取り組み、鬼手仏心、安全で安心できる医療を提供していきます。また、今後の超高齢化、人口減少という激変する社会環境に耐えられるように、経営の面でも体力をつけ、五泉市とともに歩んで参ります。
 中小病院にとって昨今の医療情勢は極めて厳しく,病院経営は必ずしも楽ではありません。しかし,厳しい時代だからこそやりがいがあります。病院運営に関しては公共性、経営の透明性、自主性を強化していきます。
 地域医療に求められていることは,一人ひとりの気持ちをくみ取り,その希望に沿った治療を行っていくことです。これからも住民の皆さんに信頼して頂けるように適正な医療サービスを行っていきます。全ての職員が一丸となって地域医療を守っていきますので、暖かいご支援を宜しくお願いいたします。

平成28年7月
南部郷総合病院
院長 梨本 篤

沿革

年月 真仁会 南部郷総合病院
1969年12月 医療法人真仁会設立
佐藤巌理事長
1970年 6月 村松中央病院開設
1974年11月 医療法人社団真仁会に変更
1975年 3月 特定医療法人として大蔵省承認
1980年10月 村松中央病院廃止 開設153床・救急告知病院指定
佐藤巌院長
内科、外科、整形外科、小児科、循環器科、心臓血管外科、婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、消化器科、肛門科(12診療科)
1980年11月 救急病院告示
1983年 6月 リハビリ科新設
1983年12月 リハビリ増築
1986年12月 放射線棟増築(CT,RI設置)
1993年 5月 週休2日制導入
1993年 7月 呼吸器内科開設
1995年 3月 看護師寮「モノリス」新築
1998年 3月 増床53床→206床
1998年 9月 3/4階南病棟増設
2000年 8月 199床に変更(44床は療養型)
2002年 9月 吉田奎介院長
2005年 4月 32床休床(稼働167床)
2006年 5月 佐藤弥生理事長
2006年 7月 13床休床(稼働154床)
2008年 4月 篠川主院長
2014年 4月 五泉市病児保育室あおぞら開設
2015年 4月 梨本篤院長

基本方針

  1. 地域住民に救急を含む急性期を中心とする高度な医療サービスを提供する。
  2. 常に患者さま第一をモットーとして、患者さまと家族に信頼される医療を目指す。
  3. 真仁会の総合機能を生かし、また地域の医療・福祉施設と連携して、
    患者さま一人ひとりに最適な医療サービスを提供する。
  4. 常に研鑽を怠らず、医療サービスの向上と安全性の確保に努める。

各部門

看護部

看護師は入院中の患者様の生活を支え生命を尊重し、人としての尊厳と権利を守りたいと思っています。

入院患者様には退院まで通して一人の担当看護師を決めています。担当看護師は責任をもって、主治医と相談しながら、患者様の病状に合わせた援助計画を立て、実践します。

当院の看護は地域の人々の生活とともにあります。入院中の担当看護師は患者様の退院に際して、療養生活に困らないように、入院中から地域の保健、福祉と連絡をとりあって退院の準備をします。

放射線科

各種の画像診断を行っています。

MDCT64、MRI、RI(SPECT)の他、乳腺撮影装置を含め撮影装置5台、血管撮影装置、X線-TV、各種電子内視鏡装置など高度医療に必要な装置が整備されており、また、フイルムレスを取り入れるなど質の高い医療情報を提供しています。
放射線科全員が人に優しく、地域の方々から信頼していただけるよう頑張っております。

検査科

血液、尿検査、心電図、脳波や腹部、心臓の超音波検査などの各種検査を行っています。

臨床検査技師は患者様と触れ合う機会も多く、温かみのあるさわやかな対応を心掛け接しております。
どんなことでもよろしいですので、お気軽に声をかけて下さい。

薬剤科

薬剤師は薬の効果や服用の方法についてわかりやすく説明したいと思っています。

又、薬を安心して服用していただく為に患者様と積極的にお話しをしたり、適正で安全な薬を使用するための医薬品管理も行っています。
薬について疑問がありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

リハビリ科

患者様の機能回復が早まるように、対話を重視した訓練をさせて頂いております。

患者様同士が話し合ったり、励ましあって訓練ができるように工夫し、効率的にすすめています。
患者様が自発的に訓練に取り組めるように頑張っています。

栄養科

食事内容は病気や病状により異なりますが、よりおいしく食べていただけるよう心掛けています。

また、栄養指導も栄養士の大事な仕事です。
正しい食事管理を行うことにより、早く健康を回復されるようお役に立てればと思っています。

医事課

入院・外来診療・人間ドック・検診等の受付業務、各種書類の発行やお預かり、保険請求等の事務処理、およびカルテ管理を担当しております。

申し込みやお問い合わせなどありましたら、受付にお気軽にお声かけください。

施設課

建物や設備の点検維持を行っています。

患者様が病院内で快適に過ごすことができるように常に気を配っております。